今月の園だより

12月の主題

0,1,2歳児
0歳児:うれしい 1・2歳児:うれしいうれしい
3,4,5歳児
喜びいっぱい

ねらい

0,1,2歳児
0歳児
・保育者と共に、イエスさまのお誕生の時であるクリスマスをうれしく待つ。
・クリスマスの絵本やさんびかを楽しむ。
(保)子ども(たち)の冬の健康を守るために、換気や加湿に配慮する。
1・2歳児
・イエスさまのお誕生の時であるクリスマスを楽しみに待ち、祝う。
・クリスマスの雰囲気を楽しみ、絵本やさんびかに親しむ。
・遊びや生活の中で、思いを共有する経験をする。
(保)保育者がクリスマスの本当の意味を知り、子どもたちと一緒に楽しみながら神さまに感謝してその期間を過ごし、祝う。
3,4,5歳児
満3歳児・3歳児
・聖書に描かれているイエスさまのお誕生の話を聴き、クリスマスをうれしく待ちながら、共に喜び祝う。
・友だちと一緒に賛美したり踊ったりすることに喜びを感じる。
・寒さの中でも、戸外での遊びを楽しむ。
4・5歳児
・神さまがこの世にイエスさまを与えてくださったクリスマスの意味を知り、感謝と喜びをもって受け止め礼拝する。また、喜びを伝え合い、祝い合う、分かち合いの経験をする。
・一人ひとりに与えられている恵み(賜物)を用いて友だちと協力したり、役割を分担しながら遊び、生活してく中にある喜びを感じる。
・困っている、悲しんでいる人に心を向け、祈りながら自分たちにできることを考えていく。

12月の讃美歌

・アドベントクランツに
・空に響く鐘が
・もろびとこぞりて
・おささげしましょう

12月の聖句

いと高き所には栄光、神にあれ。地には平和、御心に適う人にあれ。

ルカによる福音書 2章14節

新型コロナウィルスの変形型が海外、特に南アフリカから流行が多くみられるということで、規制の緩んできた日本でも今まで通り感染予防に気をつけていかなければと思います。

そんな訳で今年も去年に引き続きクリスマス献金を「水道の設備を増やし、石鹸のない地域に配布」していただくユニセフの事業にお捧げしたいと思います。イエス様という神さまのひとり子をこの世に遣わしてくださったクリスマスの感謝としてのクリスマス献金をご家庭でもお子様とお話ししながら、毎日少しずつでよいのでお捧げしていってください。

「今日は〇〇ちゃんがお手伝いいっぱいしてくれてありがとう」などの「ありがとう献金」、「うれしかった献金」など、日常の些細な事に感謝すると、こんなに沢山のありがとうがあったのだなあと気づく事と思います。これから子ども達はそれぞれが作った献金袋を持ち帰りますのでよろしくお願いします。

クリスマスはプレゼントをもらう日ではなく、イエス様のお誕生日をみんなでお祝いする日ということを園のあらゆるところで感じとっていくことでしょう。

 

けいこ先生